So-net無料ブログ作成
検索選択
前の20件 | -

龍馬の手紙、新たに6枚発見 寺田屋事件を生々しく [正しい歴史認識:国防 自衛 護国]



タグ:龍馬

人命軽視は風評被害? 零戦の評価 [正しい歴史認識:国防 自衛 護国]



タグ:零戦 ゼロ戦

信長の茶会記、82年ぶりに発見 [正しい歴史認識:国防 自衛 護国]



タグ:茶会 信長

薩摩藩伏見屋敷の絵図発見=寺田屋事件で竜馬潜伏―京都 [正しい歴史認識:国防 自衛 護国]



諦観 角膜提供に思う [家族]

栃木県那須町のスキー場で、雪崩に巻き込まれて死亡した高瀬淳生さん(16才)の角膜が、地元のアイバンクに提供されたそうです。

唯一無二、最愛の息子さんを喪う苦しみ。そして分身たる息子さん大切な身体を傷つけ、角膜を提供する苦しみ。この二重苦を乗り越えてのご家族のご決心は、どのように高い思いから下されたのでしょう。

先祖から子孫へ、受け継ぐことの大切さを、考えたいと思います。

続きを読む


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

職業:自分の仕事に打ち込む姿は [素心]

続きを読む


タグ:職業

人格教育は未来への投資 [武道教室・古武道道場(社)楽心館 東京から世界へ]

 紀元節の今日、東京と千葉で、楽心館春季子供審査会が厳修されました。このような機会に武道教育に従事させていただく者として、国家観・教育観を表明したいです。保護者様・お子様向けに、お話させていただきました。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

江戸城が描かれた最古級の図面 [正しい歴史認識:国防 自衛 護国]

続きを読む


タグ:江戸城

冬来たりなば春遠からじ [素心]

続きを読む


逆境と順境 [素心]

続きを読む


タグ:逆境

攻防一体とは [武道:剣柔一体(気剣体)]

攻防一体とは 

防御が即、攻撃。

攻撃が即、防御。

あるいは

防御なくして、攻撃無し。

攻撃なくして、防御なし。

そして

防御と攻撃は、中心を取ることに収斂する。

これは剣術において、体術において、どのようなことなのか。考えたいと思います。

続きを読む


タグ:攻防一体
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

歩けば技になる 錯覚と術 [武道:剣柔一体(気剣体)]

歩けば技になる

「歩けば技になる」と、植芝盛平先生が仰せになったと伝えられます。 歩くような簡素な動作で、相手に力を感じさせずに崩したり制することが、可能でしょうか? 

「歩けば」:相手の肩や中心を取っていれば、言葉のままにまっすぐ歩くだけで、崩す技になります。この場合、無駄のない自然な動作で動くことの大切さを象徴して「歩けば」としているのであって、他の表現でもよいのです。例えば「カーテンを開くように」とか、「針の穴に糸を通すように」とか、「お茶を飲むように」でも良かったのです。

再現性あるとすると、どのように考えるべきでしょうか?そして、どのように稽古すべきでしょうか?

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

吉良上野介と面談―西本願寺で史料発見 [正しい歴史認識:国防 自衛 護国]

続きを読む


タグ:吉良上野介

20世紀の日本人は、なぜアメリカの黒人から尊敬されていたのか? [正しい歴史認識:国防 自衛 護国]



腰力と中心力 [武道:剣柔一体(気剣体)]

腰力と中心力

腰力と中心力は別物です。しかし一般に、腰力と中心力や丹力は、同じものと思っている人が多い。 

単に腰で押したり引いたりする力は、和とか緩みとは対極にあります。

その証拠に、腰力はニ呼吸動作ですが、中心力は一拍子・一呼吸動作です。

続きを読む


タグ:中心力
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

煩悩即菩提で白秋・林住期を生きる [素心]

季節折々、人生折々

人生に望む欲望の充足と不充足、成長と衰退。季節折々の変化と同じように、人の成長と衰退あり、人生折々の役割を自覚したいものです。

「人生の四季・四住期・世阿弥の初心」を比較しながら、「武道家として、煩悩即菩提で白秋・林住期を生きる」ことを考えます。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

父、死出の旅へ「さようなら」 [家族]

日曜日の朝稽古の後 

稽古を終え更衣室で着替えている時、外から大声がしました。

K子「石川先生!さようなら!」

私は窓へ向かって叫ぶ「さようなら!」

すると次に

M男「石川先生!さようなら!」

私は叫ぶ「さようなら!」

このやり取りが面白かったのか、再び

M男「石川先生!さようなら!」

近所迷惑かと思って、私が黙っていると。

M男「石川先生!さようなら!」と何回か叫びました。やがて

M男「あれー?いないやー!」と声がして、去ってゆく気配を感じました。

子供たちの声音から、「いつも怖い石川先生、稽古が終わってほっとしているよ。怖いけど、なんか面白いよ。また来週まで元気でね。さようなら!」。私には、そう聞こえてなりませんでした。すると何とも言えない幸福感が、沸き起こって来ました。

では、今から死出の旅へ出る人がいう「さようなら」、どんな思いが込められているのでしょう?

続きを読む


タグ:さようなら
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
前の20件 | -