So-net無料ブログ作成

流れに乗せて [世阿弥]

時々の初心のありかは?

川で溺れた人のたとえがあります。元いた川岸に戻ろうとして泳ぐと、力尽きる。
ところが、身を流れに乗せて、たどり着けそうな川岸に目標を定めて泳ぐと、生還できる。そんな話です。

世阿弥の説く「時々の初心」とは、始めた頃の若き日の初めし心ではないという。身を流れに乗せてよいと、言うことではないだろうか?
楽心館のために粉骨砕身してくださった方々が、ご高齢にならた。忍び寄る老いと戦っているお姿に、ひたすら「賜ったご恩は生涯忘れませんよ」と、感謝するばかりです。
もう充分ですから、どうぞ流れに身を任せて、少しでもご自身を生かす場に立っていただきたいのです。
今日の蘇我の稽古を終え、今しみじみ、そう思いました。


nice!(0)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 5

(*^∇^)/★ぴぃー♪

身を流れに乗せてよい・・・
そうなんですね~。

心も体も、力が入っている(*^∇^)/★ぴぃー♪
指圧を受けるたびに、体の細々したところに力が入っているのを実感します。
それに気付き、少しずつ脱力していく瞬間が心地いいんです(笑)
そして、こんな風に全身脱力できたときには、
先生のいう「脱力」というのが感じられるなかな?なんて思ったりしています。

身を流れに乗せれるように脱力できたらいいなぁ。と思います。
今の(*^∇^)/★ぴぃー♪では、確実に沈んじゃいます(笑)
by (*^∇^)/★ぴぃー♪ (2007-01-25 12:05) 

一般社団法人 楽心館 館長

(*^∇^)/★ぴぃー♪のお名前の由来は?
ピーチ、桃でしたよね。

昔々あるところに、お爺さんとお婆さんがありました。
お婆さんが川で洗物をしていると、ドンブラコッコ!ドンブラコッコ!と、大きな桃が流れてきました。
この桃から生まれたのが、(*^∇^)/★ぴぃー♪でした。

そんな話でしたよね。
ちゃんと流れているよ。沈まないで。
by 一般社団法人 楽心館 館長 (2007-01-26 09:25) 

(*^∇^)/★ぴぃー♪

ありがとうございます♪
なんだか、心が温かくなり・・・嬉しいです♪
by (*^∇^)/★ぴぃー♪ (2007-01-26 11:38) 

一般社団法人 楽心館 館長

-今の(*^∇^)/★ぴぃー♪では、確実に沈んじゃいます(笑)
-なんだか、心が温かくなり・・・嬉しいです♪

なぜだか、もう分かっていますよね。
ご自身が、桃という柔らかいよい香のものに包まれて、気持ちよく流れている。そしてひろい上げて中から出して、受け止めてくれる人がいる。そのことが「心が温かくなり・・・嬉しいです♪」よね。
そのお爺さんとお婆さんが、合気道楽心館と一楽斎こと石川智広であるかは、分かりませんよ。(笑い
これは良くも悪くも、縁ですから。

大丈夫、受け止めてくれる人たちが、周りにたくさんいるものです。
むしろそれを自分から拒んでいることに、お気づきになってください。
これは今までご自分が、壁を作ってきた人達のことを思い出せと、そんなことを言っているのではありませんよ。私にもそんなこと言う資格は、まったくありません。私もそうしたことは、たくさんしすぎていますので。

あしたが、ある!ただ、それだけです。
ただし「明るい日」と書いて、明日があるのですよ。
by 一般社団法人 楽心館 館長 (2007-01-27 23:51) 

(*^∇^)/★ぴぃー♪

ありがとうございます。
自分から拒んでいる。。。そうなんですね。
これから、少し意識してみます。
明るい日に向かって・・・
by (*^∇^)/★ぴぃー♪ (2007-01-29 08:09) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0