So-net無料ブログ作成

幸福と危険 [武道:東京都国立市谷保合気道国立市民体育館]

2月4日(日)
朝9時から千葉本部道場、中学生以上のクラスを終え、高速を国立へ走る。
そしてこの通路の向こう側から、私は歩いてくる。その姿を誰も「荒野の用心棒」だとは思わない。前傾して倒れるように、歩いているからだ。この写真の右側の建物が、国立市民体育館である。昼12時から、国立で指導者クラスがある。これを終えると、この通路をこちらからあちらに向かって、私は歩いてゆく。そのうしろ姿を誰も「夕日のガンマン」だとは思わない。釣具入れに、杖・木刀・居合刀を入れたものを膨らませて、担いでいるからだ。そして八王子へ向かう。
八王子で3時間半の稽古を終えると、高速を千葉市武道館へ走る。
ここで2時間を終えると、やっと自宅に向かう。

道のりは長いが、常に行く先に誰かが待っている。私は本当に幸せだと思う。
しかし時に、疲労で居眠り運転をしてしまう。これは本当に危険だと思う。とにかく決まった時間には決まった場所に、立っていなければならない。
玄関を開けると、つい、「やっと帰ったよ!」と、息が漏れる。


nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 4

(*^∇^)/★ぴぃー♪

こんなに大変な思いをして、来てくださっているのですね。
とても ありがたく思います。
お稽古だけでも大変なのに、車の運転は本当に疲れると思います。

お気をつけくださいね。
あまり、ご無理されないでくださいね。
by (*^∇^)/★ぴぃー♪ (2007-02-05 01:24) 

一般社団法人 楽心館 館長

ぴぃーちゃん
いつもありがとう。
玄関からこちらを覗いているのは、誰だと思う?
by 一般社団法人 楽心館 館長 (2007-02-07 00:11) 

(*^∇^)/★ぴぃー♪

あ~!!気付かなかった~。
息子さんかな?

嬉しいですよね~。涙でちゃうほど・・・
by (*^∇^)/★ぴぃー♪ (2007-02-08 10:25) 

一般社団法人 楽心館 館長

「働く」とは「端楽」(はたらく)である。
そんな話があります。
今度まとめて、書いてみますね。
by 一般社団法人 楽心館 館長 (2007-02-08 23:38) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0