So-net無料ブログ作成
検索選択

母も私も、浦島太郎気分に、浸りました。突然、強制的に、歳月が圧縮されて、目の前に現れる気分です。 [家族]

今日、母の施設でのこと。

母:「年はいくつになった?」

私は実年齢を答えると

母:「そんなになった、はずはない」 現実を受け入れられない様子で、驚くばかりでした。そして兄の年齢も聞いてきたので、あるがままに答えました。

母:「もうそんなに、そんな、はずはない」

記憶が20年か30年前で、止まったままの様子です。苦しめてはいけないので、さりげなく受け答えしました。

そして私は、夕方から多摩地区のある道場の担当でした。そこへ以前から問い合わせて来ていた初老の方が、見学にいらっしゃいました。

この紳士のご苗字を聞くと、約25年前の短期間交際があって、一度年賀状を書いた方と同じでした。お互いに老け込んでいるため、お顔からは同一人物とは、思えませんでした。

私は彼の姓名と勤め先を記憶していたので、「もしや?」とお尋ねすると、一致しました。

老紳士は明るい方で、私のことを「覚えていない」と、はっきりと仰せになりました。しかし姓名の漢字まで私の記憶と一致したので、同一人物に違いありませんでした。このことが一因であったかどうかは知りませんが、入会したいとのご意向です。

私:「あー!夢のように、歳月が圧縮される想いだ」

昼間の母の驚きようが、しみじみ思い出されました。

そして一日の間に、この経験を与えられた不思議を、感じました。


タグ: 浦島太郎
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。