So-net無料ブログ作成
検索選択

2011山中湖 刀法・身法・心法三つの一致。これ略して剣柔一体。 [武道:剣柔一体(気剣体)]

DSC02121.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC02112.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC02120.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC02118.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC02119.JPG 

 

 

 

 

 

 

一枚目 大上段正面切りの受け方。

山本君が「相手の中心線を取って、交点に身を入れろ!自然と三角形ができて、自然に勝って受ける事ができる」と。

説明しているのかな?今となっては分からないのだ。

二枚目 主将の窪田君。たまたま眼を瞑っていたのか?

剣では眼を瞑る癖があるのかな?今となっては分からないのだ。

「男は目に糸を引け」。心の色を見せてはならないけれど、瞑ったら駄目だよー

三枚目 袈裟切りの受け方。

位置関係の「氣剣体」(きけんたい)一致。中心線と交点に入る事は、大上段と同じ。

失敗すれば、「危険たい!」(きけんたい)。顔切られるぞー!

この写真の形では、やや怪しい。

四・五枚目 袈裟切りの切り方。

動作における「氣剣体」(きけんたい)一致。

これは高度!

この写真の形では、だいぶ怪しい!

剣の理が、柔の理であってはじめて、力抜きの入り口へ。

これが剣柔一体。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。