So-net無料ブログ作成

授業参観1 キタキツネ物語 人間はキタキツネではありませんので、同じことではだめですが、似たこともありましょう。 [家族]

最近、息子の様子を書いていません。昨日授業参観がありまして、この一年間にあったことを、しみじみ思いだしました。読者のご参考になれば幸いなので、書いてみたと思います。

写真は校舎SN3D02180001.jpg

 

中学時代

息子は中高一貫受験校に、通わせていただいております。体力は学校のトップレベルで、体育祭では花形を仰せつかっていました。サッカー部、一筋です。

性格は優しくおっとり、人と競争してどうのこうのと言うタイプでは、ありません。悲しいことがあると、涙をポロポロこぼします。そんな気性が災いして、学業成績は、中学校3年間、最終グループでした。

「まだ下がいるから、いいじゃないか」と、気にせず言っていました。

武道の方は週二回を、継続していました。

キタキツネ物語

昔、キタキツネ物語という映画がありました。圧巻は「巣立ち」です。

時期を迎えると、親キツネは、子キツネを噛みついて追い回します。巣から追い出すためです。子キツネは巣に戻ろうとします。それでも親キツネは、追い回します。

やがて子キツネは、諦めて出て行きます。そして親キツネも、巣を捨てます。

しかし一匹の子キツネは、巣に戻ります。しかし親キツネは、巣に戻りません。

結果、その子キツネは、餓死します。

自立できない子の運命を、示唆していました。

親離れ

中学3年の時、息子は最悪とも言える成績を、取ってきました。息子に聞くと

「そんなのいいんだよ。もー、いいんだよ」と、繰り返すばかりです。

親としては、驚愕です。そして時期が来たことを、悟りました。

人間はキタキツネではありませんので、同じことではだめですが、似たこともありましょう。

1、噛みつく

2、環境を整える

3、目標設定のアドバイス

人間ならば、2と3を、工夫する必要があります。それを、どうするかが、問題です。

参考:小学5年生の頃の息子に向けて、書いた記事があります

 

授業参観2 噛みつくへ続く

赤い狩人-[映]キタキツネ物語


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:資格・学び

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 1