So-net無料ブログ作成
検索選択

いとし子に 母はつぶやく そなたありてこそ サトウハチロウ 詩集 [家族]

私が物心ついた頃より、我が家に一枚の飾り皿がありました。そこには

いとし子に 母はつぶやく そなたありてこそ サトウハチロウ

と、描かれていました。

当時の家の近くにあった世田谷信用金庫の、販促品であるとおもいます。毎月のある日に貯金をすると、いただけるような品です。

母のお気に入りの一つです。

幾十年過ぎて、この「そなたありてこそ」の言葉の重みを、感じることになりました。お察しのとおり、私が父の身になったからです。

仕事から疲れ切って帰る。しかし息子は寝ている。寝顔を見て、スースーと寝息を立ているのを確認する。そして思うのです。

「そなた ありてこそ」

こうして16年過ぎましたが、今日も先程、高校二年生の寝顔を見てきました。しかし、最近、自分は理解が浅かったと反省しました。

当会には、様々な事情の方が参加しています。ある重度の自閉症のお子様と、御父さんの話になります。参加して二ヶ月が経ちました。

お子様の到着が遅いと、「今日は来てくれないのだろうか?やはり気に入らなかったかな?」、「いったい何の力になれるだろうか?」などと思いながら、待った二ヶ月です。

しかし御父さんは、「参加させていただく場があるだけで、ありがたいです」そのような御考えです。稽古を終えて、お子様と手を繋いで帰る後姿を見送る時、ほんの一時でも御幸せにお過ごしいただきたいとの想いが、込み上げて参ります。

最近このお子様が、正座で手を付いて「おねがいします」と、仰せになりました。いったいどれだけお家で御父さんと、練習してきたのでしょう。

「上手だね。今度は立ち方坐り方を、覚えましょうね。それが出来たら、手解きだ」などと、会話させていただきました。そこで思いました。「そなたありてこそ」と。

ただ、いてくれるだけで、いいんだよ。

私は、なんて多くのことを、求め過ぎていたのでしょう。自分は全力で生きているんだぞ、お前はどうなんだ?と。

そもそも私は、誰に対しても、そうなんだから。始末が悪いですね。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ネットコミュニティ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。