So-net無料ブログ作成

スピーチとスカートは、短いほうが良い? [武道館:千葉県千葉市中央区千葉市武道館(末広)]

花をのみ 待つらむ人に 山里の

雪間の草の 春を見せばや  (藤原家隆)

 

朝から、花見場所取りのニュースが、聞かれる今日。当会では二箇所にて、春季合気道子供審査会が行われました。

世間は花見でそわそわしているのに、落ちる可能性の高い審査へ、わざわざお出ましになるのですから。本当に皆様、「わび」の心を得心する方々です。

 

午前9時30分集合 千葉市武道館

千葉市春季審査会

 

 

午後3時30分集合 文京スポーツセンター

文京区春季審査会
 
 
多摩地区の審査会は、中野体育館で4月7日に行われます。
このような時、私は立場上、なにかスピーチをしないと、場がおさまりません。
 
ところが私は、日ごろ妻より、「貴方のスピーチは、原稿棒読み風で、つまらない!」。そのよう釘を、刺されているのです。
そこで決心しました、
 
「スピーチとスカートは、短いほうが良い!」。
 
 
朝の更衣室で、A君が
「僕、青帯のテスト、今日で三回目なんだ(二回も落ちたんだよ、なんとかしてよ)」
と、つぶやきました。
 
私は「なんで(?_?)、そうなったか分かる?」と、聞きました。
そして、思いました。
今日はこのネタで、スピーチしよう!
 
 
以下、私のスピーチです。
 
普段の稽古ではきちんと出来ているのに、いざ審査会となると、しくじってしまう。こんな時大切な心を、なんというか知っていますか?
 
それは平常心(びょうじょうしん)です。
 
水面が波立っている時、その波を平にしようと押さえると、どうなりますか?
かえって波立ってしまいますね。
そんな時は、「波は波」として放っておいて、波があることを受け入れるしかありません。
 
波は波
なみはなみ
波花見
 
世間では桜の花見ですが、皆さんは、心の波の花見です。
生きている、心の波は止められない。
緊張したら、「自分は生きている」と思って受け入れて、前進する力にするしかありません。
 
 
スピーチ終了
 
ところがスカートの保護者様は、スカートなしでした。
゚(゚´Д`゚)゚


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ネットコミュニティ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0