So-net無料ブログ作成
検索選択

日本剣道形で、スポーツと武道、合気を考えます  [武道:剣柔一体(気剣体)]

スポーツと武道」、入り口は

入り口は違うものです。しかし、奥に入れば「やり直し出来ない 」真剣さは、同じだと思います。

*スポーツとは

ラテン語のdeportarel  portは「港」の意味。deは英語のfromのような意味だそうです。deportを日本語にすれば、「港を出る」。転じて「日常を離れる」ほどの解釈が可能でしょうか。portareは「荷を担う」の意味。deportareは、「荷を担わない、働かない」ほどの意味だそうです。

これが古いフランス語でdesport。

そして今日、sport。

語源に忠実に言えば、「気晴らし」・「気分転換」が、スポーツの入り口であるといって良いと思います。

ですからその入り口は広く、「誰でも陽気に楽しく」。

 

*武道とは、矛と止の会意文字

「矛」とは、武器のシンボル、転じて危険な場所へ武器を持っている様子。

「止」とは、足・かかとの象形文字で、転じて踏み込むこと。武とは、危険な場所へ勇気を持って踏み込む行為を意味します。

それを人間形成の道として昇華したものが、「武道」・「武術」だと思います。

ですからその入り口は狭く、「その必要を自覚した人が、必死に耐えてやるもの」。

私たち楽心館では、入門の問合せがあると、説明文の中に次の文章を入れています。入門書にも同様の誓約を、明記しています。

*危険負担について
武道経験のあるなしに関わらず、入門によって危険負担の承認が発生します。
健康教室とは異なって、格技を掛けたり掛けられたりする場です。
毎年度ごとに年会費のをお納めいただくことで、スーポーツ安全保険(傷害保険・損害保険)ご加入に、お申し込みいただきます。
ただ軽くお体を動かしたい、そういう動機でしたら、何か他の軽い体操やスポーツをお選びになった方がよろしいいかと存じます。
あくまで武道を修錬する場であることを、ご承知おきください。
もちろんお子様や初心者は、それにあった軽い動作や姿勢から稽古に入ります。
知識経験のない初心者であっても、丁寧にご指導させていただきたく存じます。

 

*かつては日本でも、武術を踏まえた上での武道であったはずです。

以前、私が見聞した話です。ある稽古先は、隣が少年剣道でした。その剣道会は、竹刀競技をする前に、日本剣道形・切り返し稽古を、行っていました。青少年の稽古とはいえ、私は指導方針のしっかりしたことに、感心していました。指導者は、40歳代の男性、二人でした。

ある日のことです。70歳後半から80歳を過ぎたと思われる背の曲がった老人が、たまたま体育館を利用しました。そこで剣道をやっているのを見かけ、日本剣道形を行っているのを見て、懐かしかった様子です。戦前は帝国剣道形と呼ばれたものだ。「拝見させてください」と正座して見学を始めました。

仕太刀が小手打ち、打ち太刀が「摺り上げ小手」の形をしばらく見ていると、老人はスクッと立ち上がりました。

老人「私ら戦前は、こうして教わったんです。斬るんです。斬るのが技なんです!」。そして「ちょっと貸してください」と、木刀を取り、形を始めようとしました。

私は隣で合気道の指導をしていたのですが、老人はハキハキ通る声で仰せになるので、何かが起きる予感しまして、注視しました。

老人は「小手を切るんです!こう切るんです。私ら、こう教わったんです」。そう強調しながら、摺り上げ小手を、行いました。

その技は、二点で、四十台指導者の技と異なっていました。

一、 指導者の技は、仕掛けの小手打ちを楕円を描くように摺り上げ、小手を打ちにいくもの。

老人の技は、正眼から直線に仕掛けの小手打ちを摺り上げにいき、直線に小手を切りにいくので、剣先が三角に移動するもの。最小最短柔らかく、結果として最速の武術的動さ。

一、指導者の稽古の関心は、いかに摺り上げるかで終わっている。

老人の技は、摺り上げは一過程に過ぎず、切ることにいかに身を入れるかが技であると強調されていること。

老人は、術ある剣道です。若い指導者の技は、いかに切るかの大切さが薄かったのかなとさえ、感じられます。 老人の指摘に対して、返す言葉がないように指導者は黙るばかりでした。(指導者の立場に立ってみれば、それは分かっているけれども、現代の子供の指導には必要ない?ということかもしれません)

老人は剣道家でも何でもありません。少年時代、剣道に親しんだ。だけどその時代は、術をして剣を学んだのです。競技として剣道をしている指導者と、こうした差が生ずるとも考えられます。

たとえ剣道でも、競技に留まっていれば、スポーツでありゲーム、とい批判も出かねません。

やがて老人は「良い勉強させていただきました。ありがとうございました」と、礼を言って去りました。

 

*合気と剣は

もちろん大半の剣道家は、斬る刀法・身法・心法を一致させるべく、精進なさっている。私達もこれを機会に、「合気は剣の理合」と語りながら、剣知らずに陥っていないか、猛省したい。

武田惣角先生は一刀流をやっていたから、一刀流をやれば良いのではない。植芝盛平先生は諸流学んだ中で真陰流をやったことがあるから、真陰流をやればよいというでもない。

身を入れて合気になる接触感覚がなければ、何をやっても駄目だ。それがあれば、何流をやっていても有益です。

 

 演武中、心気入って小太刀へし折れるが、落ち着いた対応も立派


タグ:日本剣道形
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。