So-net無料ブログ作成
検索選択

kenjutsu:剣術 鍔迫り合い 中心しか入るところはない [古武道:無限神刀流居合術・会津小野派一刀流剣術]

剣術 鍔迫り合い
 
 
 
剣術 鍔迫り合い
 
 
 
剣術 鍔迫り合い
 
 
 
中心に入る 
高校一年生の女子、小学校高学年から稽古を継続している。
このお嬢さんが、坦々と良い技をしているのを見かけました。
私は「良い技、しているね。どうしたの?」
すると
彼女は「中心しか、入る場所は、ないですから」と、無表情に答えました。
今回の技といい、答えといい、今後の成長に期待を持ちました。
 
今後の課題
「中心に入ることの大切さ」は、誰でも知っている。しかし行うは難し。なぜだろうか?中心を確立する難しさについて、二点挙げます。
 
1、ぶれる中心の修正は難しい
 a.体術では顔が突っ込む場合が多い
 b.剣術では顔がのけ反る場合が多い
 
ぶれると言っても、ほんの微妙なものなので、本人が気づかない場合が多い。
 
2、中心の誤差の修正は難しい
「相手の中心はここで、自分の中心はここで、その二つを結ぶ中心線んはここ」と、思い込んでいる。目に見えるのだから、間違いないと思っている。
 
ところがそこに誤差があって、間違っていることに気づかない。
その原因は視力による場合もあれば、体癖である場合もある。
 
1も2も、指導者の根気良さ・丁寧さが、試されます。
 

タグ:中心 剣術
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。