So-net無料ブログ作成

平和のコストを負担する意識は? [正しい歴史認識:国防 自衛 護国]


米ソ冷戦終結後も、スイスは国民皆兵を維持しています。永世中立であることによって、国民皆兵の義務を負います。

http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Suzuran/2319/Swiss.html

「非武装中立」を唱える売国勢力は、日本にいまだ存在します。チベット・ウイグル・ハワイは、元は独立国家でしたが、今はどうでしょう?朝日新聞は日本を、こうした国のようにしたいのでしょうね。

日本はロシア・北朝鮮・韓国・中国などの猛毒国家に囲まれながら、平和を維持できているのは、自衛隊と横須賀のの原子力空母のおかげです。それでも日本における中国人や韓国人の犯罪はすさまじく、まるで国家ぐるみの犯罪がまかりとおっています。

http://blog.goo.ne.jp/akaminekazu/e/a9818f479932f87cf54ae33181b18d28

日本でも平和のコストを負担することは、国民の義務であると思います。それが嫌な人は、出ていけばいいでしょう。

スイス、外国人犯罪者を追放へ 生活保護の不正受給も対象

2010年11月29日 15:42 発信地:ジュネーブ/スイス

このニュースをシェア

スイス、外国人犯罪者を追放へ 生活保護の不正受給も対象 ▲?キャプション表示

×スイス・ローザンヌ(Lausanne)で、同国の右派政党・スイス国民党(Swiss People's Party、SVP)の国民投票キャンペーンポスターの前を通過する男性(2010年11月24日撮影)。(c)AFP/FABRICE COFFRINI

写真拡大
【メディア・報道関係・法人の方】写真購入のお問合せはこちら
【11月29日 AFP】スイスで28日、特定の犯罪をおかした外国人を自動的に国外追放する法改正の是非を問う国民投票が行われ、賛成52.9%で承認された。反対は47.1%だった。

 特に、スイス人口の大半を占めるドイツ系住民の賛成票が多く、全26州のうち否決はわずか6州だった。

 今回の国民投票は極右政党「スイス国民党(Swiss People's PartySVP)」が主導したもの。現行法では、有罪となった外国人に対しては判事の個別判断で国外追放処分とすることができたが、改正新法では、特定の犯罪で有罪判決を受けた外国人は自動的に国外追放となる。

 対象となる犯罪行為には、強姦、深刻な性犯罪、強盗などの暴力行為、麻薬密輸のほか、生活保護の不正受給も含まれる。

 改正承認を受け、スイスのシモネッタ・ソマルガ(Simonetta Sommaruga)司法相は、国際法に違反せずに改正法を実施する道を政府で検討すると述べた。

 スイスは前年、同じくSVPの主導により、イスラム教の尖塔(せんとう、ミナレット)の建造を禁止する措置が可決されたばかり。国際人権団体アムネスティ・インターナショナル(Amnesty International)は今回の国民投票結果について、「スイスの人権にとって暗い日」と批判した。(c)AFP/Hui Min Neo

タグ:教育 平和
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0