So-net無料ブログ作成

民間賃金、もっと上げればいいのにな? [aikido 合気道 Twitter ツイッター]

  • 大都市バイトの時給、過去最高 人手不足進み961円

    朝日新聞デジタル 11月26日(水)8時5分配信





     人手不足を背景に、3大都市圏(首都圏、東海、関西)で10月に募集があったアルバイトやパートの平均時給が、2006年以降で最も高くなった。前年同月と比べて8円高い961円。これまで最高だった13年12月の959円を上回った。求人情報大手のリクルートジョブズが調べた。

     今年10月を業種別にみると、「販売・サービス系」が前年同月より3円高い944円。年末年始の商戦向けのイベントスタッフの求人などが活発だった。飲食店などの「フード系」の時給も同10円高い937円だった。これらの求人件数は全体の5割近くを占めており、全体を押し上げた。

     「製造・物流・清掃系」も同8円高い950円。年末年始に向けて贈答が増えてモノの動きが活発になるため、運転手や荷物の上げ下ろしをする人の時給が伸びている。

     同社の宇佐川邦子・ジョブズリサーチセンター長は「時給を上げないと人手が集まりにくく、定着もしにくくなっている。シフトの柔軟化や研修の充実など、職場環境の向上を図ろうとする企業も目立ってきた」と話す。同社は3大都市圏などで、企業がバイトを募集する際の時給を06年1月から調べている。

    朝日新聞社

日本衰退論が横行していますが、私の感想を述べます。

1990年以降、「労働者一人あたり実質GDP」は、人口が増え続け地下資源もあるアメリカと比較して、ほんの少し劣っています。(日本はそれほど悪くないし、常に伸び続けています)我が国の在外資産は膨大で、もちろん世界一位です。

...

我が国の現在の失業率3.6%は、自然失業率に近い数で、言い換えれば完全雇用に近いです。もちろんアメリカより、良いです。年間一人当たり給与所得平均値も、日本はアメリカより高いです。

グローバル化と我が国の労働者人口減の中、長年の緊縮財政は、国民を疲弊させました。どこの国の誰が指揮しても、こうしたものだったと思います。しかし、現政権は本当によくやったと思います。この2年間で、以下の成果です。

日経平均2倍
東証1部時価総額2倍
有効求人倍率0.82→1.09
就業者数88万人増...
消費者物価指数-0.2%→+1.2%
(増税の影響除く)
実質賃金指数だけ下がっているのは雇用が増えたため。
(新入社員の賃金は安いので平均は下がる)

あとは民間の判断次第であって、どこまで給与を上げられるかです。
政府に何かしてもらおう、なんて考えは捨てましょう。武道家である我は、独立自尊です。少子高齢化と増税の影響を直に受けていますが、自分の力量、やり方の問題です。

どうであれ楽心館は、楽笑で楽勝です。


タグ:給料 賃金
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0