So-net無料ブログ作成
検索選択

武道道場の障害者への対応 [素心]

何が障害か 

生れながら心身に障害を持つ、これは人生のスタート地点から本人に責任のない負担なので、こんなにお気の毒なことはありません。しかし障害自体を、他人が「気の毒」・「不幸だ」とか。ステレオタイプの同情は、いかがなものでしょうか。

障害をさらに不幸にするのは、自ら作る心の妨げ(限界)や社会の妨げ(偏見)だと思います。こうしたことは多くの方に語りつくされていると思いますが、稽古の中で体験したことを、紹介します。そして楽心館の活動を、考え直したいと思います。

障害を持つ方の受け入れ

私は、場末の町道場経営者にすぎません。そんな私にとって、「この仕事を、このやり方で行ってきて、本当に良かった」と、自己満足する時があります。障害を持つ皆様を見下げた言い方と感じる方がありましたら、お許し下さい。そんなつもりはありません。

自己満足の時、それは社会的弱者や何等か障害を持つ方が入門して、平等に稽古を楽しんでくださることです。

かといって積極的に募集しませんし、特別な知識・技術を持ちません。「普通に扱うことしかできませんが、それでよろしければどうぞ。参加する場を提供する」だけです。そんな楽心館をお選びいただいたことに、満足を覚えます。

身体障害

聴覚障害を持つ方、参加しています。Aさんとします。Aさんは、特殊器具を装着すれば、普通に聞こえるそうです。確かに言語能力に、困難さを感じます。しかしそのほかの能力において、身体バランス感覚・感性の鋭さ・人間好きなところなど、常人を超えています。

何をおいてもAさんの素晴らしいことは、自分を障害者と思っていないだろうことです。そこで私の結論は、「Aさんは身体障害者ですが、健常者として生きていく能力・魅力に満ちている」。本人が障害者と思っていないのに、彼の本質は障害者でありません。

心の妨げ

「心の妨げ」とは心障害ではなく、ここでは「心の限界を狭く持っている」ほどの意味で使います。

ある教室にBさんあります。彼は人並み以上に立派な体格で、健康そのものです。しかし積極性に欠け、潜在能力が高いのにもったいないと、私は感じていました。

ある日のBさん、右手の中指の靱帯を痛めたと言って、「今日は見学します」と申し出ました。私は「できることだけ選んで、参加したらいいですよ」と話しました。それでもBさんは、眼を据えて「今日は見学します」と、答えました。私は感じるものがあり、「分かりました。それなら、こちらへどうぞ、見ていてください」と、丸椅子を出しました。

稽古が始まって30分間、彼の望むようにさせました。自ら参加する気配はありません。黙って座っているだけです。私は再度、Bさんに「出来ることだけ、やってみませんか?」と、声掛けました。しかし彼の表情は変わりません。そこで私はAさんのことを話し始めました。

「楽心館には、様々な障害を持つ方が参加しています。Aさんは、聴覚障害者です。しかし彼自身は、自分を障害者と思っていないので、聴覚障害を理由に、稽古をえり好みすることはありません。皆さんと同じことを、やろうとするのです。

Bさんは今日、指に怪我をしています。普段使える指が使えないため、今日は本当に不便を感じていることでしょう。しかし、本当に何もできないですか?片手でも何でも、できることをすれば良いと思います」。

このように全体に話しかけた後、Bさんを見つめました。Bさんはスクッと立ち上がり、「やってみる!」と言いました。残りの稽古時間、全てに参加しました。

Bさんは、自分で作った心の妨げによって不自由になっていましたが、それを突き破って自分の可能性を試してくれました。こうした経験を稽古場で繰り返すことで、自ら主体的な人として成長することは、楽心館の「楽しき心」で表現したいものです。

たとえ健常者であっても心に妨げを抱えた方にとって、道場に参加される障害者の存在は、学びの模範ともなります。

社会・家族の妨げ

社会・家族の妨げについては、差別と逆差別があると思います。

*差別

差別については語るまでもありません。社会の偏見や、教育・福祉の受け入れの未整備と思います。外部に迷惑かけないよう、私の母を例に話します。

母は昭和10年生まれ、足が不自由でした。不自由であること、さらに当時の受け入れ態勢のなさや偏見もあってでしょう。満足な通学もできなかったそうです。基本は、社会ずれしていない純真さを持つ方でした。一方では、社会に対して閉ざした心といいましょうか、頑なな劣等感を持ちました。

社会の受け入れが不十分な時代に生きたとはいえ、もう少し心開いて生きてほしかったと感じる一方、頑なな母の心の陰に、寄り添えきれなかった自分を責めています。

母は70歳を過ぎたころ、老人性鬱と痴呆が進むとともに、歩行困難になりました。晩年の約7年を特別養護老人ホームでお世話になり79歳で亡くなりました。その母に、私が忘れられない表情があります。

あれはまだ自宅で過ごせた最後の時期です。デイケアサービスを受けて、帰って来た時のことです。送迎車から降りて、歩行器に身体をもたせ掛けて玄関に入ってきました。その時の母の輝いた表情です。久しぶりに見た、本当にうれしそうな表情。あの表情の母が、本来の姿であったはずです。

社会にも家族の側にも、受け入れ態勢の未整備・偏見・差別はあったのです。それがなければ、どれだけ本来の姿で生きられたことでしょう。家族として、忸怩たる思いです。

*逆差別

周囲の受け入れ態勢・理解は、大切です。かといって、障害者や困難な問題を抱える方を、分不相応な受入れ方によって起きる軋轢は、避けるべきです。

入門に際して、「斯く斯く云云の事情があるので、特別の計らいを」と、求めてくる方があります。私は「配慮はしたいと思いますが、基本的に普通に皆さんと同じ扱いしか、できません」と正直に申し上げるようにしています。

我々は、町道場にすぎません。「武を形にする形式的陶冶」、「知的・道徳的・美的に育む実質的陶冶」の両輪を期する、これが目的です。それ以外は目的外です。

暴力に対しては、司法力が必要なのであって、警察や児童相談所に類似した働きはできません。

障害や貧困に対しては、行政的な保護が必要なのであって、福祉事務所に類似した働きはできません。

心身の治療を求めるのであれば、専門的な医師・療法士の元で、指導を受けるべきです。

まずは「稽古を通しての人格陶冶」、この持ち分を超える扱いは、本人の為にも道場の為にもよくないことです。

以前、楽心館で、実際にあったことです。ある問題を背負う方を受け入れた。指導員は、適切に指導できないまま、特別扱いをした。結果、その教室に不満が蓄積し、他のお稽古人様が全員退会しました。

指導員は、弱者に寄り添っているつもりだったのでしょう。しかし、分不相応な受入れ方によって、誰の為にもならなかったのです。これが逆差別の招いた結果です。

受け入れ態勢・能力がないところへ、同情だけで受け入れ、それは逆差別、偽善を招く可能性あります。

私の失敗

私の辛い思い出を、紹介します。

昔、ある障害を持つ幼児I君を預かりました。知的発達が遅れていました。最初は遊びの延長で、かまいません。

I君は、奇声を上げて走り回る。すると他の子もつられて、「ワッー!」と走り回る。それを見て私は、「こら、こら!」と追いかけ座らせる。

I君、気分が高まると噛みつく、叩く。「I君、ためだめ、叩いちゃ」。保護者様には「申し訳ありません」。稽古を見学に来た方の目には、ここは合気道を稽古するところではなく、気勢を上げて走り回るところと映ったことでしょう。「これではね?」と、呆れ顔で帰って行かれました。悪戦苦闘の日々が一年以上続きました。

しかし、自分と他の皆さんは心身を高める目的で参加していること。危険な武技を稽古するので、していいこと悪いことのハードルが高いこと。どこかの時点で、理解していただかなければなりません。

I君は、小学校入学の時期を迎えました。これから学校生活に入る準備、どれだけできたでしょうか?稽古の場でも、健常児同様に、けじめをつけさせることにしました。してはいけないことをした時には、他の子と同じように叱る。それでも止めない時は、お尻を叩く。

私はめったに叩くことありませんので、心を鬼して叩きました。「こらっ!だめでしょう!」と。叩かれた意味を理解できない時のI君は、泣くこともありました。こうした日々が、しばらく続きました。

ある日、子供クラスの終わった後、「先生、この子を抱いてやってください!」と、I君のお母さんが連れてきました。お母さんを見ると、すでに涙顔になっています。私は全ての意向を理解して、我が子を抱きしめると同じようにI君をギュッと抱きしめました。心の中で「ごめんね。力になれなくて、これから頑張るんだよ。さようなら!」と。

こうしてI君のお母さんは、稽古の継続を断念されました。

終りに

I君の例だけでは、ありません。私にはたくさん、不十分な対応がありました。残念と言わざるを得ません。しかし良い結果を出せた例も、たくさんあります。

できる範囲のことを精一杯行って、「なるべきようになる」のを、待つだけのことです。

先ほどI君の入門情報を確認してきました。「彼の学齢からすると、こんな生活をしているはずだが、どうしているだろう?」と、考えていました。

私にはできませんでしたが、是非ともI君には、良き教育者と出会って、「自分を障害者と思っていないので、自分の本質は障害者でありません」と言える境地に至っていただきたい。そう切実に願っています。


タグ:障害
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。