So-net無料ブログ作成
検索選択

無常迅速と呼吸 [素心]

無常迅速 

私の人生に豊かな影響を与えてくださった方と、5月19日に面会しました。その91歳の出水先生が、別れ際に語りました。

禅語に言う「無常迅速」のことでしょうね。

「時間は、瞬く間に、過去となる。

足で地球を踏みしめていることのチャンス・有難さ。

最近そのことを、強く思うの」

「瞬く間に、過去となる」。この部分を、声と表情で強調し、話されました。

人の一生は短く、死期が思い掛けず早く訪れる。それを伝えたかったのでしょう。

生老病死苦

目標を持って生きる、それは幸せなことです。しかし目標に執着していたのであれば、目標以外を見失っていることになります。 

ハッ!と我に返る切っ掛けが、友人・親族・自分の老病死である場合あります。

死、その時、地球を踏みしめたくとも、それはできない。

吸の大切さ

私は出水先生から、書の手解きを受けました。道場の主だった書物も、お願いしました。もちろんこれもです。

30歳代だった私は武道の立場から、呼吸とは何か?ということを、考えていました。この頃、出水先生とご縁をいただき、書を学ばせていただきました。

出水先生のご指導は、「呼吸を入れるのよ」と、仰せになるばかり。

私は、「呼吸って、なんですか?」と聞きます。すると先生は、筆を執り、グッグッツ!と紙の上に墨を載せます。

この鼓動を感じろ!と、言わんばかりでした。

長い間分からなかったこと、「武道の呼吸」と「芸術の呼吸」の接点。それが少し、感じられる気がしました。

「今、生きている」、このチャンス・可能性です。生老病死、全てを入れろ!ということです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。