So-net無料ブログ作成
検索選択

これから受験生活へ入る皆さんへ [素心]

 稽古の終了時、私が選んだ言葉を、皆で唱和することが多いです。たとえばこんな感じです。

 「今日は道元禅師 正法眼蔵のお言葉を、元気よく唱和させていただきましょう。

霧の中を行けば

覚えざるに袖濡れる(衣湿る)

良き人の中を行けば

覚えざるに良き人なるなり」

 秋は、受験準備のため退会する小・中・高校生が、多くなります。見送る言葉に相応しいので、この言葉を考えます。

安住の地を行けば

 「良き人の中を行けば」この対極を考えると、「悪しき人の中を行けば」となります。もしこうすると、「朱に交われば赤くなる」ごとくに「悪しき人」になります。レベルが下がるということです。

 では中庸を考えると、「同属の中を行けば」となります。同属とは、価値観・教養・経済力・地位も同じということです。もしこうすると、安住の地で居心地良いかもしれません。しかし安住の地を行けば、何の成長もありません。

良き人の中を行けば

 道元禅師は、良き人の中を行けば「覚えざるに」良き人なるなり。「覚えざるに」とは、「知らず知らずのうちに」・「気づかないうちに」ほどの意味でしょう。これは理想を語っていると思われます。本当にそうでしょうか?

 自分のレベルを上げようと思って、価値観・教養・経済力・地位も上の人々と交際するということ。それは勇気も必要でしょう。自分の未熟さに葛藤を感じることもあるでしょう。受験・就職・結婚ともなると、努力も真剣さも必要でしょう。「覚えざるに」というほど、穏やかではないと思います。

 我々が芸を学ぶ時も、レベルの高い方との葛藤こそ学びであることを思うと、葛藤を経たのちにこそ「覚えざるに」といえる世界があると思います。

一所懸命から多所懸命へ

 一所懸命という言葉あります。一所懸命とは「中世、一か所の領地を命をかけて生活の頼みにすること。また、その領地。」に由来する言葉です。これが転じ「命がけで物事をすること。また、そのさま。」を意味する言葉となり、そこからさらに、言葉の持つ意味合いから「一生」が使われるようになったといわれています。

 ここで誤解しやすいのが、一所は今の時代、一つの場所や立ち位置のことではないと思います。一所とは「向上心を持ち努力し続ける姿勢」そのものだと考えたいです。なぜなら私は、一所に留まったことがないし、二足の草鞋も平気です。いうなれば多所懸命です。(ただし嫁さんは、一人だけです。)

 若い皆さんには、安住することなく、挑戦し続けてください。道を離れて森の中を散策するごとく、楽心館の稽古から離れ、良き人の中を行けば、きっと新しい世界の学びに入ります。そしてまた気が向いたら、稽古へ帰ってきてくだい。その時は、歓迎します。


タグ:受験 安住
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。