So-net無料ブログ作成
検索選択

呼吸力 即ち 養気錬丹で無拍子の世界へ [武道:剣柔一体(気剣体)]

呼吸力とは 

呼吸力とは、力と速さを消して、相手に反応させない動きのこと。それゆえ植芝盛平先生は「合気に形なし」と、表現されました。

以前も「呼吸力や中心力と表現されるものは何か」について、書いていると思います。時間が経ったので、改めて書き直してみます。少しでも理解しやすい表現になれば、幸いですが。

武道の稽古では、「型より入って、型より出る」との表現あります。習い方を、二つの階梯に分けたものです。

前段の「型より入って」は、養気錬丹整体研技ということの「整体研技」と思います。後段の「型より出る」は、養気錬丹整体研技ということの「養気錬丹」と思います。

「呼吸力や中心力と表現されるもの」、以後は呼吸力とのみ表記します。楽心館において呼吸力の養成は、「養気錬丹」そのものであり、最小の動作で最大の効果を生むための訓練です。

では具体的に何をしたら、良いのでしょう?

呼吸力の養成

では何をするのかというと、無駄を省くということです。格言に「習いとは、一より初めて十を知り、十より戻りて元のその一」とあります。「型より出る」は、「十より戻りて元のその一」と同じことです。「十より無駄を省いて元のその一」です。

では、なぜ無駄を省く必要があるのでしょう?それは型を技化するためです。

型より技、技より術

型は、訓練のための階梯。理解を深めるため、あるいは鍛錬の動作です。型のままでは無駄が多いので、それを使いやすいように省いたものが技です。柔術より合気柔術、のようなものです。

そしてさらに無駄を省いて、接触技術に進化する。合気柔術より合気術、のようなものです。この水準を、呼吸力と考えます。

三拍子とは

楽心館は、呼吸力を「等速無拍子運動」と定義して、稽古しています。

例えば、「打つ」・「突く」とか「出す」・「抜く」のような単純動作で考えます。これを型として行うと、大方の皆様は、リズムを取って運動します。仮に「出す」場合、次のような手順を作ってしまいます。

1、腰を入れる。

2、頭を突っ込む。

3、手を持ち上げる。

よほど丁寧な指導を受けないと、まじめに型稽古した人ほど、こうした三拍子運動が染みついてしまいがちです。この三拍子を一言で、動きの蓄(貯め)といいます。

動きの蓄(貯め)

蓄を取るにはどうしたらよいか?植芝盛平先生は、「若い者はしっかり力を入れた稽古をしろ」と仰せになられました。こうするしかないと思います。

ただし、この「しっかり力を入れろ」を、力んだり居着くようなこととしては無意味です。私は「受けの方に、適切に止めてもらう。止められた場合、その理由を指摘していただく」ことが大切であると考えます。

止められた原因が、腰の入れ癖・頭の突っ込み癖・手の持ち上げ癖。その指摘を受け止めつつ、修錬するのです。

こうして、三拍子を二拍子へ。二拍子を一拍子へ。無駄を省くのです。これが、動きの蓄を取る作業です。最後のに残るのは「氣と丹田」、即ち「中心と緩み」の作用だけです。

しかしこれでも、師範格には通用しないものです。一拍子まででは、まだ何か足りません。気配・心の明暗を、読まれているからです。

心の明暗

楽心館では、動きの蓄(貯め)を消し、さらに心の明暗を消したものを、無拍子と定義しています。そしてそれは、気剣体一致そのものです。

では、どうしたらよいでしょう?それは妙なもの。乙女の髪の如し、結うに結われず、言うに言われず。

どうぞ修錬なさってください。


タグ:呼吸力
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。