So-net無料ブログ作成
検索選択

衆生と仏、地獄と極楽 [素心]

私の机の正面に、道元禅師の歌を、ボールペンで走り書きしてあります。

「おろかなる われは仏に ならずとも 衆生を渡す 僧の身なれば」

(道元禅師和歌集『傘松道詠』)

禅者でもない浅学な私には、正確な理解はできないことを前置きして、感じたことを書いてみます。

自力

自力とは、自らの力で自らの悟りのために修行し努力することと、ここでは定義しましょう。道元禅師は曹洞宗の開祖。一般に道元禅師は、自利・自力の総本山の開祖と考えられます。

道元禅師の本心

おろかなる われは仏に ならずとも 

愚かな我は、仏の悟りを得られなくとも

衆生を渡す 僧の身なれば

一切衆生を先に仏の世界へ渡さんと願いを起こす。自分の悟りよりも衆生の成仏を助けることが大切だと、断言しています。それが僧の身だというのです。

自利・自力の総本山の開祖の本心は、利他・他力とも感じられます。

地獄と極楽

白隠禅師の座禅和讃に「衆生本来仏なり」とあります。衆生と仏の関係は、水と氷の関係と同じで、水がないと氷ができないように、衆生以外に仏はあり得ないそうです。

私なりに捻った言い方をすれば、本物の衆生こそ、真の仏になりうるかもしれません。

我々が学ぶ武道の極意歌にも、似た教えあります。

斬り結ぶ 太刀の下こそ 地獄なれ 一歩踏み込め あとは極楽

へたをすれば、太刀の下こそ死地であり地獄です。

しかし、斬り結ぶ太刀の真下に入り込んで、勝った受けをする。そこから相手の中心へ向かって、直線に踏み込むと勝を得ます。

ですから斬り結ぶ太刀の真下は、地獄でもあり極楽でもあります。どちらにするかは自分次第です。

道元禅師にとっての僧の身は、仏でもあったのではないかと考えます。もちろん自力と他力の区別など、あったはずはありません。


タグ:道元
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。