So-net無料ブログ作成
検索選択

正直:晴れて良し 曇りても良し 富士の山 [素心]

晴れて良し
曇りても良し
富士の山
元の姿は
変わらざりけり

山岡鉄舟 居士のお言葉を、稽古の終わりに、皆さんで元気良く唱和させていただくことあります。
 

楽心館子供クラス 小学3年生の小川真生子さんは、ご自身のお名前と結びつけて、学校でスピーチしました。その原稿を紹介します。

山岡鉄舟居士のお言葉は、禅的深い境地を語ったもので、浅学な私がとやかく言えたものではないことを前置きします。

自分の本来の姿とは、何でしょう。多くの人が自身の能力・魅力を知ることもなく、発揮することもなく、諦めてしまう場合が多いでしょう。

そうした場合、調子が良い時はそこそこでも、少し形勢悪くなるとしょぼくれてしまうものです。私も若い頃は、自己嫌悪したものです。

そこで再度、問いかけます。 「自分の本来の姿とは、何でしょう?」。「元の姿は 変わらざりけり」といえる自分自身。何らかの方法で、ぶれない自己・不動心不動体・富士山のような自己を求めるのが、人間形成の歩みだと思います。その方法が何かは、人それぞれです。

そこを小川真生子さんは、ご両親様から授かった名前をヒントに、「真っ直ぐに生きる自分」。これを大切に生きようと決意したのです。

真っ直ぐに生きる

真っ直ぐに生きるとは、一言で「正直」といいます。

正直(しょうじき・じょうじき・せいちょく・ただしくなおき)とは、心が素直で清らかなこと。いつわりがないこと。武士階級によって形成された概念で、誠に通じます。

正当な手段を用い、正当な利益を相手に与え、自分も発展させていただく。自分の特性・強みを生かす社会貢献、言い換えれば利他自利こそ、真っ直ぐに生きることだと思います。

順境も
逆境も
真っ直ぐに

元の姿は

変わらざりけり

小川さんには、素晴らしい個性・特性がある。誰にでもある。それを真っ直ぐに生かして、社会貢献する。それが本来の自分と言い切れるまで、精進いたしましょう。 


タグ:正直
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。