So-net無料ブログ作成
検索選択

省みる:30年目の稽古始め [素心]

30年目の稽古始め 

今日は、私が25歳で職業武道家の道へ進んで、30年目の稽古始めとなります。

目標・環境・自分、広く省みて、新たな一年を歩みだしたいと思います。

省みる 

格言に

鹿を追う者は山を見ず

とか

山を見るのではなく、自分を見て登れ

と教えます。どちらも「囚われなく、目的・環境・自分を検証し、変化に応じて自由に見直しながら行動する」ことの大切さを、説いたものと思います。

今が大事

省みるならば、1年目も、30年目も、未完ということで変わりないです。どちらも過去のこと。だから今を、より完成に近づくべく大事にするしかないです。

30年経て、良くなった部分はあります。五十から百へ、二倍は良くなった。

えっ?それで何なの?

見た方が鳥肌立つような、技を持っているのですか?自分は?俯瞰して見れば。1年も30年も、五十歩百歩です。

稽古前に靖国神社を参拝させていただきました。

名を惜しむ

靖国神社の参拝者へ、「ご自由にお持ち帰りください」と配布されているチラシを、持ち帰りました。陸軍兵長 福島實命 お父様へ書かれた手紙が、紹介されています。中に次の詩がありました。

武人は名を惜しむ

咲いて大和の山桜

散って九段の宮柱

日本民族のかかる存亡のかかる中、国を支える柱の一つとならんと覚悟された先人のご苦労は、どれほどのものでしょう。

今日、豊かさと平和をむさぼる我が「名を惜しむ」などと、恥ずかしくて言っていられません。

今日を精一杯生き、納得の稽古をさせていただくほかありません。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。