So-net無料ブログ作成
検索選択

国連女子差別撤廃委員会が英文を作成せず、海外で報道されない日本政府答弁 [正しい歴史認識:国防 自衛 護国]

英訳されず、公式文書にならなかった日本政府の慰安婦問題答弁

日本政府の答弁を連合国(国連)女子差別撤廃委員会は、英訳せず公式文書として残していない。一部の連合国(国連)担当記者の抗議で、同委員会は渋々連合国(国連)HPに目立たないように小さく掲載した。
日本は本腰を入れて、国家安全保障局と同位置の情報発信機関を設置し、情報発信力と情報収集力を抜本的に高めるべきだ。

西村 幸祐 facebook より転載

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。