So-net無料ブログ作成
検索選択

諦観 角膜提供に思う [家族]

栃木県那須町のスキー場で、雪崩に巻き込まれて死亡した高瀬淳生さん(16才)の角膜が、地元のアイバンクに提供されたそうです。

唯一無二、最愛の息子さんを喪う苦しみ。そして分身たる息子さん大切な身体を傷つけ、角膜を提供する苦しみ。この二重苦を乗り越えてのご家族のご決心は、どのように高い思いから下されたのでしょう。

先祖から子孫へ、受け継ぐことの大切さを、考えたいと思います。

続きを読む


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康