So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

flowers of a Japanese apricot tree 三千世界 一度に開く 梅の花 [花守として]

植芝開祖のお言葉に「三千世界 一度に開く 梅の花」とあるのを、誰しも聞いていると思います。この言葉を、どう感じたら良いのでしょう。

ある年齢になれば、誰しも、自ずと知ることでございましょう。

年年歳歳、季節は巡り、どんな厳しい冬であっても、春は訪れてくれるものです。それも不意に。

時には一陣の風が、春一番の風と、気づかされることもあります。

時には暗がりに思いもかけず、梅が満開になっていることを発見し、気づかされることもあります。

 

そしてさらに敷衍すると、季節ばかりではないです。

長く苦悩する。それが一陣の風か満開の梅に巡り合わせるように、苦悩から解き放たれるのです。 「一度に開く」とは、心の解放のことだと思います。

今日、本部道場に着くと、梅が満開でした。そして考えさせられたのでした。

季節の春は、確かに来たのだけれども?

 

本部道場 梅の花

 


タグ: ume 三先世界
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0