So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

無分別智から見る、内なる敵 [素心]

 お子様の無分別心に、心打たれる。こうしたことこそ、稽古指導の楽しみです。

 無分別とは一般に、「思慮なく軽率なこと」を意味します。しかし仏語としては無分別智として、「対立を超越した絶対知性」を意味します。自他の区別がないとか、美醜の区別がないとかです。お子様の穢れなく・膜のない心が、ほぼそれと思います。

 稽古指導の時、お子様純真無垢な心に触れたとき、この仕事をさせていただく幸せを実感します。

続きを読む


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

挨拶:型の大切さ [素心]

躾も武道の稽古も、型から入る。これは型式のこと。

当会では型と形は区別し、形は型より上位に。形を身形(みなり)の形とし、型に身体使いの伴ったものを、形と考えるからです。

今日は、ごく初歩の型の大切さを考えます。

続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ