So-net無料ブログ作成
千葉県千葉市合気道本部道場hombudojo ブログトップ
前の20件 | -

人作りは、国造り。若人は未来の日本を支え、世界へ羽ばたきます。 [千葉県千葉市合気道本部道場hombudojo]



nice!(0)  コメント(0) 

1994年 本道場を工事、そして人々が集った頃の喜び。忘れまじ! [千葉県千葉市合気道本部道場hombudojo]



タグ:初心
nice!(2)  コメント(0) 

還暦からが働き盛り、今年はまだまだ59歳です。 [千葉県千葉市合気道本部道場hombudojo]



タグ:還暦
nice!(2)  コメント(0) 

春が来て花咲くように、人々の心とともに世界が開かれて欲しいものです [千葉県千葉市合気道本部道場hombudojo]



nice!(2)  コメント(0) 

年末年始のご挨拶を失礼させていただきます [千葉県千葉市合気道本部道場hombudojo]

本部道場の歳神様を、千葉神社でお分かちいただきました。

千葉大妙見(ちばだいみょうけん)は、天体宇宙を司る北極星の神霊であるとされております。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

楽心館のウエブサイト 一般の部 [千葉県千葉市合気道本部道場hombudojo]



45歳以下でもいいけども、中高年中心の合気道クラスにしよう! [千葉県千葉市合気道本部道場hombudojo]






やる気を出す方法 [千葉県千葉市合気道本部道場hombudojo]

 

本部道場 土曜日朝一般クラス 

武道稽古の目的は

1、武技の修錬

2、人間形成

 A、自己形成 自利、自己の人格陶冶。

 B、社会形成 利他、社会貢献。

 1においても2においても、「やる気を出す」ことなくして実現は難しいです。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

小さいころからはじめた合気道 [千葉県千葉市合気道本部道場hombudojo]



楽心館 本部道場の12月 Rakushinkan Head dojo December [千葉県千葉市合気道本部道場hombudojo]

 12月6日 本部道場 大掃除

12月27日 夜稽古が本部道場の稽古納めです。

続きを読む 年神札のお分かち


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

Aikido kids:秋季子供合気道審査会 [千葉県千葉市合気道本部道場hombudojo]

9月23日 秋分の日 

楽心館本部主催の秋季子供合気道審査会

またまた行事の日を迎えました。

スピーチをどうしよう?前日からの懸案です。朝起きても決まらず、千葉から中野へ運転しながら考えることにしました。

でも、だめ!8時に到着したら、畳敷。もう考えていられません。

西田幾太郎先生のお言葉を皆で唱和し、アドリブで済ますことにしました。あとは皆様のご想像に、お任せします。

話していると、大あくびをしているお子さんがいて、即、スピーチ終了となりました。保護者様はクスクス笑っていました。

しばらく立ち直れません、私は。

続きを読む 審査会写真


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

合気道楽心館 本部道場子供クラス 8月稽古写真 [千葉県千葉市合気道本部道場hombudojo]




「初段 = first degree black belt (一段黒帯)」は意訳と、「初段 = shodan」とそのまま表記する場合がある。 [千葉県千葉市合気道本部道場hombudojo]

初段 shodan

初段審査ありました。受験者は手前のお嬢さんです。

小学一年生から妹さんと一緒に、稽古を始めました。今、陸上部の中学三年生です。お忙しい中、送り迎えをしてくださるご両親様のご協力なくして、今日を迎えられなかったと思います。

初段審査とはいっても、楽心館では審査会のようなイベントはありません。私と普段通りの稽古の中で、習得レベルを確認するだけのことです。

武田惣角先生の時代は、初伝極意から始まりでした。今でいう、いきなり初段から始まりみたいなものです。しかし昭和・平成の今、それは無理なので級審査を行います。

無理とはなぜか?現代人の身体使いが、異なってきているからです。楽心館の目指す方向では、腰肚丹田を主体とする姿勢や動き・剣の基本的扱い方と技・体術の形式。接触感覚の初歩。これらは級審査で修めていただきます。

そこから無駄を省いていくのが、段審査の位置付けです。

 

初段 shodan
写真は、基本動作を通して中心と緩み、接触感覚の養成。
 
 
 
NCM_0119.JPG
写真は、剣の交点の合気修錬。
 
 
 
初段 shodan
写真は、剣の交点。足構え・剣の握りと合谷。
左八相からの袈裟斬り、とてもよくできている!
 
 
 
初段 shodan
写真は、課題の技。
 
 
 
合気上げ Aikiage
写真は、課題の小手の合気。
最後は私が手を取って、小手の合気の習熟度を確認、
問題なし!
これで初段合格!
 
 
 
四方投げ
写真は妹さん。この子の黒帯は、いつかな?
ご両親様も、楽しみでしょう!

タグ:初段 shodan
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:スポーツ

合気道 春季 子供審査会 aikido kids contest [千葉県千葉市合気道本部道場hombudojo]

春分の日は、春季子供審査会です。

国旗「日の丸」に向かい、元気良く国家「君が代」斉唱し、開催されました。

 

午前は中野体育館で、東京地区。tokyo

 

 合気道 東京地区 春季審査会

 
 
 
 
 
午後は千葉市武道館で千葉地区。chiba
 
 
 
合気道 千葉 春季審査会
 

 

合気とは、剣術において「斬り結ぶ」と語られます。合気とは、体術において「繋がる」とも「一体となる」と語られます。どちらにおいても「結ぶ」と説明して良いでしょう。

そこには、力と力がぶつかり合った時、力の相対・対立ではなく、結ぶ・和する感覚の養成があります。ここが大切です。

なぜなら私たちは日常において、多くの結びによって生活が成り立っています。父と母の結び。それに因って私たちは、生命を得ることが出来ました。そして親子の結び。兄弟の結び。これは愛情だけで成り立っているのではありません。御互いに、為すべきことを為すこと、これが不可欠です。

友と友の結び、これは友情だけで成り立っているのではありません。友として為すべきことを守って、初めて成り立ちます。他の人間関係も、想いだけではなく、為すべきことを為すこと。これがなければ成り立たない。皆さんがひとたび社会へ出れば、厳しい現実があります。

皆さんが審査会において与えられた課題は、やるべきことを御互いに行って、技が成り立つことを型にすることです。そこに至らない点あれば、また秋にやり直して頂きます。頑張りましょうね。

参加された保護者様・お子様方に、以上のような話をさせて頂きました。

 


タグ:審査
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

合気道ギャグ:稽古の注意点 [千葉県千葉市合気道本部道場hombudojo]

車のフロントガラスに降りた霜が、凍りました。この冬初めて、11月30日 土曜日のことです。

本部道場 朝稽古、皆さんが着く前に、道場を暖めます。玄関を掃いて、着替えます。

 

ストーブ
道場へ着いた子供達は、写真のとおり。足裏はポカポカ!四季折々の変化とともに体験した稽古、将来へ向け、どのように育まれるのでしょうか?

 

 

それでは、稽古の注意点です。

1、ズボン紐が緩んで、ズボンが落ちると大きな音がしますので、注意しましょう!どんな音?

ズッボーン!

 

2、先生と呼吸投げの稽古する時、勢い良くやらないで下さい!なぜ?

鬘(かつら)が飛ぶから。

 

3、天井が 汚れてんじょう 大掃除

 

4、一教肘押さえは、肩を返す。嫁さんは、実家へ帰す。

 


タグ:ギャグ
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:お笑い

origami photos:個人教授 千葉本部道場 感想 [千葉県千葉市合気道本部道場hombudojo]

群馬から個人教授へ通った千葉寺さんが、感想を送ってくれました。 

蹲

 

おはようございます。
昨日は突然の急な申し出にもかかわらず、時間を取って頂き始めての本部道場での稽古、ありがとうございました。

清楚な先生の心のこもった道場で稽古させて頂き、身が一段と引き締まった想いが、今も続いています。午前9時25分

結局子供の所へは行かずに、少し寄り道して浅草から帰ろうとしたところ浅草から乗る予定の列車が運休となってしまい、
自宅へ帰ったのが11時近くになりメールを出せないまま寝てしまいました。
すみません。

東武伊勢崎線上の久喜駅近くの踏切支障の影響で午後7時台の上下線が不通となってしまい、しばらく足止めされてしまいました。久しぶりに列車の遅れに遭遇しましたが、東武鉄道の職員の対応の悪さを改めて観てしまいましたが、合氣道の充実した稽古の帰りでもあって比較的安定した心で帰ってくることができました。


小手返しと一教入り身、二教や剣術の稽古は人生そのものに対応する心にも影響するようです。今度の稽古では心意氣が観えるかもしれません。

千葉の祐光3丁目までの距離は、少し時間がかかりましたが乗り換え一回で意外とスムーズに背負った荷物や手に持った木刀も気になることもなく辿り着くことができました。、
始めて行く土地はいつもと違った新鮮さの雰囲気を感じ、楽しい修行でした。


ありがとうございました。

千葉寺

ほおずき

千葉寺様


おはようございます。
昨日は遠方にも関わりませず、、千葉市本部道場へお出ましくださり、お稽古ありがとうございました。

道場の建物とは、両親の苦労の結晶です。毎度ここへくるたび、今ではすっかり弱った両親を思います。使わせていただくことは、本当にありがたいことです。


当初この職業に就いた私に、激しい怒りを表した両親も、今では許してくれています。先頃、母が大手術を受ける日を迎えました。「仕事の方が大切だから来なくて良いよ」と、父は言ってくれました。手術の対応は父と兄に任せ、私はその後の対応に備えることが出来ました。
これまで何をしているかというよりも、それだけの月日が流れたのでしょうか?

稽古にて、身が一段と引き締まったご様子とは、幸いです。

気と丹田、中心と緩みを、稽古から日常生活に、活用なさってくださいね♪

石川

かたつむり

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

Here is the headquarters of Rakushinkan today. Cherry(Sakura) blossoms. [千葉県千葉市合気道本部道場hombudojo]

 

Rakushinkan office is white house over there.

 

 

千葉の桜 sakura

 

 

 

 

 

千葉の桜 sakura

 

 

 
千葉の桜 sakura
 
 
 
 
 
 
 
DSC02338.JPG
 
 
 
The life of Cherry blossoms is too short.
 That's why we can feel it beautiful.
 
While it has been in a flower bud, we learn enduring.
When it flower,we learn doing best.
When it fall,we learn to take being over.
 
Thank you.

タグ:sakura Cherry

本部道場へ朝稽古へ行くと、梅の花が咲いていました。ここに「老成の美」あり。 [千葉県千葉市合気道本部道場hombudojo]

梅

 

咲き始めに、見頃あり。

いち早く咲く、梅。

家の末永い繁栄を思わせ、目出度いとされてきた。

梅を見ていると、寒い中にも咲いている。修業の身にある我が身にも、いつか花咲く時が来るような、安心を与えてくれる。

そう言えば梅は、ふいに、咲くんだな。

そして花は可憐なのに、幹はごつごつとして、複雑に折れ曲がり、荒々しい。その対比がまた、極端だ。

これを、長い年月をかけた枝ぶりの作る「老成の美」という。

修業も手をかければかけただけ、答えを与えてくれるのだろう。


タグ:
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

平和ボケ:大掃除・たこ焼きライブ・忘年会、三位一体なのだ! [千葉県千葉市合気道本部道場hombudojo]

今日は、大掃除・たこ焼きライブ・忘年会、三位一体の日を迎えました。

 

男性更衣室は、水嶋親子の担当。

 

男性更衣室大掃除

 

 

女性更衣室は、もちろん女性陣の担当。

 

 

女性更衣室

 

 

 

畳干しは、男性陣の担当。

 

 

畳干し
大掃除本部道場
 

 

 

掃除終了を見計らって、たこ焼きライブ準備。

 

 

たこ焼き 準備
過去焼きライブ 準備
たこ焼き 開店
できたら、即、食べる!
たこ焼き ライブ
出来立てのたこ焼き
自己紹介と雑談忘年会。
終われば、またまた掃除なのだ。
忘年会
 
「お願い!迎えに来て!」と、妻に電話して、無事帰宅なのだ。
楽心館は、今日は平和。
日本は平和ボケするな!

 

北朝鮮の核実験より、はるかに中国の中距離弾道ミサイルの方が、日本の危機です。

http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/blog-entry-1095.html

 

マスコミが伝えない中国の対日攻撃ミサイル

本当の脅威は北朝鮮の「銀河3号」ではない

http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/36805

 


畳屋さん:親子で丁寧な働き。それは端楽。 [千葉県千葉市合気道本部道場hombudojo]

本部道場(と言っても、小さな町道場です)の畳表替えをしました。

畳屋さんが入る光景は、今では珍しくなってきました。近所の方がお二人、様子を見に来ました。

 

畳屋
 
 
 
高低差をなくそうと、調節しています。
 
職人さんは親子なので、ぼそぼそと少ないやり取りで、意味が通じていました。
 
 
 
「働くは、端楽(はたらく)」
 
労働の第一義は、端すなわち周囲の人々の生活を、少しでも楽にして差し上げること。そんな喩えを聞いたことがあります。
 
畳屋さん親子は、職業の周囲に、家族・地域、その先に国家があります。畳は、国民生活様式の変化に応じて、大変な需要減です。それでいて住まいには欠かせない、存在でした。
 
「住まい」は「澄まい」。畳は呼吸によって空気を浄化し、住む人の心身を、清し(すまし)てくれるのです。
 
 

果たして自分の職業も、外から見た方に、このように見えるのだろうか?疑問に感じました。

 

親方は、大変控えめです。無言で

「仕事をいただくことの有り難さ」

伝わってきました。

仕事が済めば、さっと、去って行きます。

 

表がピンと張った、畳が印象的です。

思い出しました。初めてここに、畳が敷かれた日のこと。

嬉しくて思わず、私は前方回転受身をしました。すると

パーン!

と大きな音が、反響しました。

あの頃は、「まだこれから!まだこれから!」と思って、日々を過ごしていました。張り替えた畳に、初心を思い出させていただきました。むしろそのために、畳を張り替えたんだったな、私は。


タグ:畳屋
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
前の20件 | - 千葉県千葉市合気道本部道場hombudojo ブログトップ