So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
合気道 練習 ブログトップ
- | 次の20件

呼吸力 2010/12/08 [合気道 練習]

  • aikijpaikijpこんばんわ。ありがとうございます。古来、一呼吸・一挙動・一拍子といわれるものは、当然それを前提とすると愚考します。@vtotai 重心移動のない発力、興味深いです!

タグ:呼吸力

Twitterまとめ投稿 2010/12/05 [合気道 練習]

  • aikijpaikijpこんばんわ。重心移動のない発力は、初動無い一挙動で、優れていますよね。ありがとうございました。RT @vtotai: 【重心の移動】前後、左右はわかりやすい。上下はどうだろうか?使いこなせすと面白い技になりそうな予感。稽古帰りだが早くも稽古がしたい!
  • aikijpaikijp本部パソコンやツイッター宛てに、お問い合わせをいただきありがとうごじます。今日は静岡市清水区出向のため、、差し控えております。しばらく回答をお待ち下さい。宜しくお願いします。 http://ow.ly/3jTOr

Twitterまとめ投稿 2010/07/31 [合気道 練習]

  • aikijpaikijp@ama1 喉?大丈夫ですよ。ご心配いただき感謝。ガン年齢に入っているので、時間に余裕のある8月までに、必要なところを全て検査するのです。不定期な生活が定期的だと、何をもって定期的生活とするか不明ですが、貴殿もご自身を労わりつつ乗り切ってください。身の回りから、日本を元気に!
  • aikijpaikijp@SAMRAICAT 村山会長はお元気です。「今回30周年だから3本、40周年の際は4本贈らせていただきます」というと、電話の向こうで笑っていました。合気道実心館の皆さん、記念すべき年に「心実る」でご精進下さい。そして真におめでとうございました。
  • aikijpaikijp@ama1 こんばんわ。今日は、耳鼻咽喉関連の癌検査をしました。「晩酌は、良い付き合い程度に、続けていいです」とのこと。光ファイバースコープで撮影し、その場で写真を見ながら説明を受けました。痛いと言うほどの苦痛はありません。喫煙される方は、是非一度お受け下さい。
  • aikijpaikijp@SAMRAICAT おはようございます。今年30周年?合気道実心館。お酒を贈ったら、ご丁寧に村山先生よりお電話いただきました。お元気そうでしたよ。今日は雨ですが、お元気にお過ごし下さい。

力抜きの手・呼吸技 [合気道 練習]

DSC01440.JPG

 

 

 

 

 

 

 

DSC01441.JPG

 

 

 

 

 

 

 

DSC01442.JPG

 

 

 

 

 

 

 

DSC01443.JPG

 

 

 

 

 

 

 

DSC01444.JPG

 

 

 

 

 

 

 

DSC01445.JPG

 

 

 

 

 

 

 

DSC01446.JPG

 

 

 

 

 

 

 

受けはO君。半身の一致と力抜きの手について説明をした。「O君の肩の崩れを、よく見ておくように」と前置きをして、呼吸技を見せた。

するとO君のかけている眼鏡が、すっ飛んでゆく。みんな眼鏡ばかりを見て、O君の体軸の崩れを、少しも見ていない。そこで再度、「しゃうがないな、もう一度やるから、よく見ておくのだよ」と私。

すると再度、O君の眼鏡がすっ飛んでいった。そして不思議な形状で、眼鏡が畳の上に立った。「あつっ!立った?」と、思わず私が言ってしまった。またまたみんな、眼鏡を注視していた。そして一同、笑った。

きっと今頃、眼鏡のことしか、思い出せないだろう。みんなは。

Aikido Rakushinkan Japan 合気道楽心館(東京・千葉・埼玉)
Movie Blog
 剣柔一体(北海道苫小牧・東京・千葉)
Photo
 写心館
AIKI.JP道場
の情報


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

合気道の技と剣術:正面打ち一教 [合気道 練習]

合気とは、小野派一刀流剣術に由来する言葉である。この剣術は「一拍子相討ちの勝ち」を得意とする。

今日「相討ち」という場合、優劣を決することの出来ない均衡状態のことをいう。しかし剣術で 「相討ち」という場合、同時に討ち合って必ず自分が勝つ、必然性の論理である。

外から見ると、「一拍子に打ち合って同時討ち」に見えても、一方の接点が勝って相手の剣に乗り勝つ。これを「斬り落とし」という。

接点とは、斬り合った剣の交点のこと。これを極意歌で「切り結ぶ 太刀の下こそ 地獄なれ」と、表現する。「接点が勝る」これが「合気になる」である。(動画はここ

では、何故勝るのか?中心が空かないぶれない、イメージが勝ちに完結したものである、腰の乗った剣の重さ、剣の交点が結んだようになって相手の体軸を捉える。様々な理由があって、一拍子相討ちの中に先手と後手が生じ、必然的論理の世界として自分が勝つのである。これを一言で「気で乗り、身で乗り、剣で乗る」という。これまた他流では簡単に、「氣剣体一致」ともいう。

論理とはいえ「気を出す」などの類の観念の世界ではない。古来伝えられた足構え・体軸・丹田の使い方、この地道な訓練の積み重ねがあっての「氣」である。

合気道正面打ちは真下に入って、受ける。これが大切な接点。この接点から相手の中心を捉える。

同時に自分の正中線で、相手の正中線を捉える。ここに△ができる。

次に相手の右肘に、自分の左手で接点を作る。この接点から相手の右半身を捉える。自分の左足も、お互いの中心を結ぶ線を、踏み込んで行く。

次の瞬間〇が出来て、相手の右半身と正中線はひっくり返る。お互いの関係は◇に納まる。

SN3D0113.JPG

動画:http://blog.goo.ne.jp/ichirakusai3/e/e448f4cb4fc596667e8f9c81b48ef814

Aikido Rakushinkan Japan 合気道楽心館(東京・千葉・埼玉):http://aiki.jp/
Movie Blog 剣柔一体(北海道苫小牧・東京・千葉):http://blog.goo.ne.jp/ichirakusai3?
問合せメール:ichirakusai3@mail.goo.ne.jp


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
- | 次の20件 合気道 練習 ブログトップ